2011年07月23日

オススメ♪

今日からまた暑い日が続くみたいですね(・ω・;)

そこでこの夏おすすめの一品をご紹介exclamation×2

ナンバー1 ガリガリ君の梨味

ナンバー2 白クマ いちご

ナンバー3 モナ王

はッ(*Д*)

アイスばっかり(ノ∀<)

アイスを食べ過ぎてお腹壊さないように気をつけましょうね黒ハート
posted by 前橋北病院薬局 at 10:24| Comment(0) | ちょっと一息(・∀・)

2011年07月09日

7月7日♪

七夕といえば、おり姫と彦星の話が有名ですが、皆さんご存じですか?


こと座の1等星ベガは、中国・日本の七夕伝説では織姫星(織女星)として知られている。
織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。

夏彦星(彦星、牽牛星)は、わし座のアルタイルである。夏彦もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。

めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなった。このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。

しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。                                     (wikipediaより引用)

と少し切ないお話でしたねもうやだ〜(悲しい顔)

でも1年に一回だからより一層会える時間を大切に、相手を大切にしようと思えるのかも
しれませんねるんるん

来年も晴れて2人が会えるといいですね黒ハート

posted by 前橋北病院薬局 at 10:28| Comment(0) | ちょっと一息(・∀・)

2011年07月02日

夏の暑さ対策完全版

今回は熱中症対策のお話です。

★熱中症とは?
暑い所で過ごし、熱がこもりすぎて、体の調子が悪くなる事。
(ひどい時は死に至る事も・・・)

★室内でも注意が必要
熱中症患者の3割は安静時に発生。室内でも高温多湿、無風の場合は
熱を体の外に出せないので危険です。日差しが当たらないからと安心せず、
冷房や扇風機なども利用しましょう。

★熱中症の対策
水分補給を習慣にする。

@起床時・朝食後・10時・昼食後・15時・17時・夕食後・就寝前に
 約200cc(大きなコップ1杯)の水分を補給する。暑い日はその倍
 くらい飲んでも良い。飲むのは、冷水やお茶で構わない。

A外出前にはコップ3杯くらいの水分をとり、直射日光にはなるだけ
 当たらないように帽子などをかぶり、1時間に1回は休憩をするように
 する。特に暑い日中はできるだけ外出を避ける。

B冷房も利用する。

★応急手当は・・・
@服装を楽にし、風通しのよい日陰や冷房の効いた部屋で休ませる。

Aスポーツ飲料などで水分と電解質を十分補給する。

B冷水やアイスパック、うちわであおぐなどして急いで体温を下げる。

C落ち着いたら医療機関の受診を勧める。

posted by 前橋北病院薬局 at 12:13| Comment(0) | 薬局からのお知らせ